れてぃのおへや

エオルゼアで自給自足がしてみたい

日々のできごと

極ハーデス練習中!でもエデンのほうが先だよね^^;?

投稿日:2019年11月24日 更新日:

イシュガルド復興もひと段落つきましたが

ここ最近はID周回そっちのけでギャザクラにお熱だった

新生・社畜ゼアことわれらオーバーワークス。

生産部長のこるとこさんは早くも3職目のクラフターをカンストし

ネームプレートにはギャザクラメンターの印が輝いてます。
 

 こる「死んだナマズオのような目してひたすらリーヴ回してたわ
 

う、うん。ほどほどにな (・ω・;`)

そんな中、ログインしてもマイハウスのベッドで寝てばかりだったのが社長のきっかさん。

もとから生産のほうにはあんまり興味なかったもんねぇ。

こちとら蛮族クエ消化したり未知の採取場めぐったりやることはやまほどあるのですが

どうにもここ最近手持ち無沙汰だったご様子。

ですが、ついに社長が何かをみつけたようです。
 

 きつ「極ハデ行くぞ

 こるぬこ「えー
 

<スポンサーリンク>

極ハーデス討滅戦

極ハーデス討滅戦は現状、絶アレキサンダーに次ぐ戦闘系の準エンドコンテンツ。

エンドといってものら募集が頻繁に建つくらいの1ボスのみの戦闘ですので

クリア人口は思った以上に多いみたいなのですが

それでも低IL装備・不慣れな人お断り!な高難易度コンテンツの筆頭です。

5.1パッチが当たる前、漆黒メインを終えてすぐに極ティターニアに遊びに行きましたが

確かに初見ではかなり難しく感じたものの

攻略動画を見て攻撃の順番さえ覚えてしまえばある程度は対応できそうな感じ。

途中の雑魚湧きフェイズで火力が足りずに時間切れになってしまい

初回攻略達成はさすがにかないませんでしたが

装備が整えば十分クリアできそうな手ごたえはありました。

ティタにはもういかないの?
 

 きつ「だって新生装備買っちゃったし行く意味ないぢゃん
 

極ティタのメインドロップはIL450の極ティタ武器。

5.1の更新で生産武器の強化がきまして、これがIL460。

ヨルハIDに行くのにIL制限を突破するため、全員生産武器に乗り換え済みですので

確かに武器の更新目的なら行く意味は薄いです。

その点、極ハーデスではIL465の武器がドロップしますので

今後さらなるステップアップのためにはできればクリアして手に入れておきたい。

というわけで、しぶるメンバーを引っ張り出して極ハデ攻略が始まりました。

わたしはもちろん学者での参加。
 

 
時間が合わず一斉にスタートとはならなかったものの

3度の見学PTを経て全員が最初のDPSチェックを超え尊厳王フェイズを体験 ヽ(´▽ ` *)ノ

範囲回避自体は覚えてしまえば捌くのはわりと簡単ね。

クエイガにセラフィムと野戦の陣を合わせてバリアを張るのを忘れがちですが

何度も経験すれば身体が覚えていくでしょう。

DPSの面々は自身の火力がDPSチェック突破に直結するため

木人相手にひーひー言ってます。
 

 れ『なんかたいへんそうですね(はなほじ

 こる「あとでおぼえとれよ、、、
 

学者はね。PT構成次第でヒール回しもかわるから木人殴ってもしょうがないしね
(殴ったことないけど

といっても一応攻撃も気にするようにはしてまして

できる限り蠱毒は切らさないように、ルインラよりは死炎法を使うようにと

手が空いた時にはぺちぺちしてます。

エキルレでもできる限り鼓舞・士気なしでのヒール回しを練習してますが

なかなか思うようにはいかないですね。練習あるのみ  (*و'ω')و

練習中、白学・占学両方のPTを経験しましたが

やっぱり白さんがいてくれると攻撃に回りやすいです。

10万以上あるHPを一気に戻せるベネディクションはこれチートでしょ (・ω・;`)

占星のスキルはまだ見てないのですが

20%ずつくらい戻してたのでベネほどのリカバリー力はないのでしょうね。

ここでエーテルフローを吐き出さないととなるとスキル回しがかなり変わるので

できれば白さんが来てくれるとうれしいなぁ (*´ω`*)

 

今日は日曜でおやすみ。

午前中に日課の蛮族巡りを終え、午後はのんびりと未知の採集を回っていると

本日も極ハデ練習のお呼びがかかりました。

最近なぜかうちの家でくつろいでいるのが当然になってきたシグナスさんも連れ出し

今日は6名でハーデスに臨みます。
 

 しぐ「あ、うちの白さん初見だけど暇してるみたいだから連れ出すわ
 

7人になりました (`・ω・´)

連れられてきたのはぴりえさん。ぶれそでも何回かご一緒した方でした!

練習のほうはDPSチェックはだいぶ安定して超えられるようになってきました。

次の炎氷の紐取りはデバフを見て立ち位置さえ気を付ければ問題なし。

が、その次の法則改変がヒーラーにとっての関門でした。

法則改変が始まるとタンクとヒーラーに死の宣告がついてHPが1になりますが

一定時間内にHPを全回復してデバフを消さないと即死という

いわばHPSチェックになっているようです。
 

 闇黒さん「~~っていうギミックになっててね
       ヒーラーさんがんばってね

 れ『(わかっててもできないんだよおらぁん

 こる「あれあれ?さっきまで余裕ぶっこいてませんでしたっけ?

むぅ、、、前回初めて突破したときにはすんなり回復間に合ったんだけどな。。。

もちろん、わたしの手柄ではなく相方の白ちゃんがうまかったんでしょうけど。

時間いっぱいとなり最後の挑戦。

すんなりと法則改変まで来まして、ここでヒール!

野戦の陣をしいて、不屈にフェイブレッシング!これでどうだ!?

生き残ったのはヒーラー2名。。。

ヒーラー自身は解除できたものの、HPが1.5倍あるタンクさんには足りなかったようで。
 

 れ『・・・

 ぴりえ「・・・

 アシエン「・・・

 れ『 (´^ω^`)
 

 こる「おい、なんか気まずい感じになってんぞ
 

これからリザレク入れてもしょうがないしね、、、

棒立ちで殴り殺されるのを待つしかないです (´;ω;`)ブワッ

んー。実はセラフィムのCT還ってきてるからさらに入れることもできるんだけど

続くクラウダのためにバリアの余力は残しておきたいとこでもあるのよね。。。

まあ1人で戻すものでもなし。残りは相方さんに任せよう(丸投げ
 

 ぴり「 アビ残すようにします!( ;∀;)

 れ『二人の共同作業だからねー
   がんばろうねー (*´ω`*)

 ふー「なんかいいひとっぽく見えるけど丸投げばれてっかんな
 

ここでタイムアップ。練習終了!

さて、未知掘りにでも、、、
 

 しぐ「それより君ら先にエデンいかんのか?
 

おっ?エデン!

行ってみたいけど、4層分もあると覚えるのが大変そうで行けず仕舞いなんですよね。
 

 ぬこ「きっかさん、エデンいく?(行かない

 きつ「おう。明日な(行かない
 

がここ最近のお決まりのやり取りになってました。

でも一通り動画見てーとなるとだいぶ遅くなっちゃうよねぇ?
 

 しぐ「予習?いらんいらん!いまからいくぞ!
 

というわけでついにエデン突入です (`・ω・´)

 

希望の園 エデン

開放自体は漆黒終わってすぐにみんなで済ませてました。
 

 きつ「人数制限解除できないの知らなくて急遽極ティタに切り替えたんだよね

 しぐ「君ら順番めちゃくちゃよな。

 こる「極ティタのほうが入手装備のIL低いから先なのかと思って、、、
 

なお、聞くところによると装備更新によるDPSチェックを除けば

ギミック的には極ティタのほうが極ハデより難しいんだとか?

ツタとか吹き飛ばしとか結構えげつなかったですもんね。

でもあれで難しいほうならなんとか対応できそう!

これから行くエデンはさらに簡単で、1層1層は真蛮神と同程度みたい。

数人ころがってもクリアできるし、蘇生リカバリーも比較的容易なんだとか。

ここをクリアすればIL450のエデンゲート防具とIL460の幻想武器が交換できます。

防具は新式のミーンREがIL460なのでもう型落ちですが

武器は今後強化の緩和が来ればIL470になり新式武器を超えることに。

現在は強化薬の入手先がエデン零式のみなので、もうちょっと先になりそうですね。

 

準備ができたので、さっそく第一層へと突入です!

 

第一層 エデンコア

無の大地――それは、「光の氾濫」によって浄化された領域。莫大な光の力によって生命の源たるエーテルが変異した結果、すべての属性の力が失われ、ただただ白化した荒野が続く。そんな死の世界に、属性の力と希望を取り戻すため、今、エデンが覚醒する。

ストーリー的にはエメトセルクとの決着がついた後

光の氾濫の爆心地の調査に向かい、そこで謎の物体を発見。

これを罪食いの「最初の一体」と目星をつけ

制御することで狂ってしまったエーテルの循環を元に戻し世界を復興するというお話。

エデン自体はFF8で新出の召喚獣だそうで

5~7までしかプレイしていないわたしにとってはいまいち感動は薄いですが

プレイ済みの人からすると再現度が非常に高くなかなか好評なようです。

ただ、FF用語辞典で調べてみても、いまいちエデンの存在意義がわからず。

アルテマウェポンをドローすると手に入るG.F.???

ストーリーに絡むわけでもないぽっと出の最強召喚獣なんですかね?
 

 ふー「これ演出だけで2分以上かかるんよな
 

はえぇ、、、この辺りのFFってムービー偏重で操作性度外視でしたからね。

まほうみだれうちのバハムート零式でカップ麺が食べられるとか懐かしいです。

 

初見5人をつれた引率さん2名の計7名でレイド募集開始。当然即しゃきです (`・ω・´)

第一層のお相手はエデンプライム。

あ、もう本体お出ましなのね (・ω・;`)

ギミック的にはほぼずっとダメ床をよけ続けるだけで大したことはなかったです。

黒魔で来たきっかさんは詠唱が終わらず大変そうでしたが。

途中、出てきた雑魚2体を倒しきったところで行動不能になりムービーが挟まる。

ん?地球??魔方陣みたいのがでてきた、、、

なんかでそう、、、

どーん

ちょまどこいくねーん (・ω・;`)

 

これだけ壮大な演出なのに何事もなかったように落ちてきて戦い始めるヒカセンたち。

どういう身体の構造してるんですかね (・ω・;`)

仕切りなおして戦闘再開。

縦横無尽にはしるビームを必死でよけ、途中危ないところもあったものの

範囲ヒールを撒いている間に討伐完了!

確かにこれなら初見でも十分に対応できますね。

ぶれそではギミック失敗で即死が多かったので一般すら辛いものがありましたが

FF14は数万の強ダメージと被ダメ増加デバフがつくだけなので

ハードルはかなり低いように感じました。

順調な滑り出しに気をよくした一行。続けて2層へと進みます。

 

第二層 エデン甲板

あっさりエデンを掌握してしまった一行。

2層のお相手は移動中に襲撃してきたヴォイドウォーカー。

場所はエデン甲板て、、、もう完全に乗り物ですね (´・ω・`)

なぜか都合よく用意されたステージに超高速の物体が着艦。

どーん

誰が命名してるのかは知らないですけど

ヴォイドって闇の氾濫が起きた13世界のことよね?

上空での戦闘のようで、当然柵なんて用意されてるわけがない。

で行うようで。これは落とされそうですねぇ、、、

ギミックはディレイスペルというボスの攻撃が遅延して発生するものみたい。

タイミングがずらされてやきもきする場面はあったものの

遅れるということは逆に言えば準備する時間が十分あるわけで。

慣れてしまえば余裕をもって移動回避することができました。

予想通り吹き飛ばし攻撃もありましたが

これくらいなら見てから回避もよゆー。

何事もなく無事クリアです ヽ(´▽ ` *)ノ

 

復興の旅へ

襲撃者は甲冑姿のおんなのこ?

ということで介抱&監視のためサンクレッドくんは拠点におるすばん。

ここからはエデンに乗って各地のエーテル活性を高めていくことに。

その方法は各属性のエーテル活性の高め、一度暴走させた後に沈静するという

かなりの荒療治。

自信満々に胸を叩くうちのこですが、鎮圧できなかったらどうするんですかね?

まあそれを言ってしまったらゲームになりませんけども。

この世界に蛮神はいないため、イメージを頼りにリーンが具現化させることに。

まずは水の蛮神リヴァイアサン、、、

!!?!?!

続きはまた次回に (´▽`*)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村のランキングに参加中です
面白かったと思ったらクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

-日々のできごと
-, ,

Copyright© れてぃのおへや , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.